嫁とだんなと永久脱毛
ホーム > 現金化 > クレジットカード現金化を自分で行う場合のリスクなどについて

クレジットカード現金化を自分で行う場合のリスクなどについて

クレジットカードにキャッシング機能が付いている場合にカード会社からキャッシングするという方法がありますが、金利が高くて利用限度額が少ないです。
また、キャッシングを利用すると一括払いしか選択できないことも多く、利用限度額まで使ってしまうとカード会社から現金を借りられなくなります。
そのような場合にクレジットカードのショッピング枠を現金にするクレジットカード現金化という方法があります。
具体的には、クレジットカードのショッピング枠を利用して購入した最新ゲーム機や商品券やブランド品などを、それぞれの商品に特化した店に売りに行って現金を得ます。
ただし、この方法にはカード利用停止や強制退会させられるといったリスクがあります。
多くのカード会社が、転売目的でクレジットカードを使って商品を購入することを禁止しています。
ゲーム機や商品券などをクレジットカードでまとめ買いすると、カード会社から転売を疑われて知らない間にカード利用停止になっていることがあります。
クレジットカードで購入した商品は、カード会社への商品代金の支払いが完了するまでカード会社に所有権があります。
したがって商品を自由に売ることが正式に認められるのは、代金を全額支払った後になります。
また、クレジットカード現金化を現金化業者に依頼する場合はカード利用停止になるリスクが低いですが、稀に悪徳業者にあたることがあります。
業者に依頼する場合は手数料がかかりますが、優良な業者であれば換金率70~80%で迅速に現金を得ることができるので、インターネットで情報を集めて優良店を探すと良いです。

評判の高いネオギフト